低血糖の人は眠気が襲ってくる?低血糖が招く眠気の特徴

投稿日:

低血糖の人は眠気が襲ってくる?低血糖が招く眠気の特徴

眠気の原因として「低血糖」が関係していた!?

眠気に関する身体に様々なトラブル、悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

多くの場合、生活リズムや食生活、運動などの生活習慣を改善することによって解消されます。

しかし、それでも一日中ずっと眠くてしょうがない、という場合があるかもしれません。

慢性的な辛い眠気、もしかしたら血糖値の異常のひとつ「低血糖」の可能性も考えられます。

今回は低血糖が招く眠気の特徴についてご紹介していきます。

 

低血糖が招く眠気の特徴とは?

低血糖の人は眠気が襲ってくる?低血糖が招く眠気の特徴

低血糖による眠気についての特徴は主にに以下が挙げられます。

  • 眠気を感じない程度の睡眠時間を確保しているはずが眠い
  • 昼食を摂ったあと、仕事に取り掛かろうとしている時間帯が辛い
  • 精神的に不安定になり、ネガティブな性格になった気がする

このような問題を自覚しているのなら、あなたの身体の血糖値を調整する機能が大きな問題を抱えているかもしれません。

低血糖による症状は個人差があるのですが、場合によっては日中に意識がフッと失われ、眠ってしまう場合もあります。

そのため、何かしらの対策を講じておくことを考えてみてください。

 

低血糖が眠気を生む理由とメカニズム

低血糖の人は眠気が襲ってくる?低血糖が招く眠気の特徴

炭水化物を始め、ジュースやお菓子のように砂糖を多用した食品を過剰摂取している人は、より多くの糖質を身体に摂り込んでいます。

体内は急激な血糖値の変化が起こり、血糖値の分解や調整ために「インスリン」を分泌している「すい臓」への負荷が大きくなってしまいます。

すい臓は酷使するほど、その機能が衰えてしまい、やがて調整が効かなくなると健康的な数値よりも低くなり、脳へ本来届くはずのエネルギーが滞りやすくなるのです。

その結果として強烈な眠気が引き起こされるのです。

ちなみにうつ病、統合失調症の人は血糖値のバランス調整に異常をきたすケースが多いため、眠気に悩まされる場合が多々あります。

その意味でも、自律神経を守るためにストレス解消の対策も同時に考えておくことをオススメします。

 

低血糖チェック8項目、当てはまる場合は往診へ!

低血糖の人は眠気が襲ってくる?低血糖が招く眠気の特徴

  • 目覚めた時、爽快感を感じられずダルさがある
  • 運動不足な生活をしている上に、身体の筋肉が少ない
  • 立ち上がった時、起きた時にフラっとめまいを感じやすい
  • 甘いものが大好きで、無いとイライラする
  • アルコールを摂取する機会が多い
  • この頃は物事に集中し辛い
  • 約束や会話の内容をすぐに忘れてしまう
  • 持ち物を紛失しやすくなっている

低血糖のチェック項目はいかがだったでしょうか。

このように低血糖がもたらす健康面での影響は上記のような点が挙げられます。

万が一、思い当たる方は何かしらの血糖値の改善を図っていく必要があります。

 

低血糖を悪化させないために出来る眠気対策は?

低血糖の人は眠気が襲ってくる?低血糖が招く眠気の特徴

低血糖の対策としては、血糖値の急激な変化を避けることに尽きます。

食事では、白ご飯やうどん、食パンのような炭水化物の前に食物繊維を多く含むメニューから先に食べることにより、ゆるやかな血糖値上昇で身体への負担を抑えることが可能です。

ジュースには大量の砂糖が使用されているため、飲む頻度が高めな人は「野菜ジュース」や、お茶、コーヒーなどを代替品に用いると良いでしょう。

もちろん、その場合も配合される糖質には配慮をしておく必要があります。

また、ヨーグルト、チーズ、海藻、納豆、など健康的な食材を意識して食べるようにしておくと体調管理がスムーズに行えるはずです。

食生活以外では、血糖値の調整は「筋肉」が大きな影響を与えるため、運動習慣が無い人や、筋肉が通常より少ない場合は筋肉量を増やすように改善してみてください。

 

低血糖の人は眠気が襲ってくる?低血糖が招く眠気の特徴

血糖値の異常を知る上では、医療機関での健康診断を受けることを考えておくと良いでしょう。

なるべく不健康な食生活を避け、身体を健康に保つ工夫を忘れないようにし、血糖値による眠気対策を行えば、大きな問題は未然に防げるはず。

出来る事からコツコツと始めていきましょう。

他にこんな記事も読まれています

-眠気の症状と原因

Copyright© 眠気や睡眠不足の解消法30選まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.