出産まであと少し!妊娠後期の辛い眠気を改善する3つの方法

投稿日:

出産まであと少し!妊娠後期の辛い眠気を改善する3つの方法

出産まであと少し!妊娠後期の辛い眠気を改善する3つの方法

妊娠して数ヶ月となり、いよいよ出産を迎えるのが妊娠後期。

しかし、初期、中期と同様に「眠気」が辛い時期でもあります。

妊娠期間中は、日常生活でも感じたことのないような強い倦怠感や精神的不安定、そして、眠気やつわりなどの健康問題は珍しくありません。

今回、妊娠後期の辛い眠気を改善する3つの方法についてご紹介していきます。

 

妊娠後期に考えられる眠気の原因とは?

出産まであと少し!妊娠後期の辛い眠気を改善する3つの方法

妊娠後期とは、妊娠8ヶ月目あたりからを指します。

胎児の成長はこの時期を過ぎると今まで以上のハイペースとなり、問題なく過ごせていた妊婦さんでも、家事などの作業が辛く感じる度合いが増えてきます。

また、腹部のサイズが大きくなるので、横になってもストレスが大きくなりますし、睡眠時にも深い眠りを得るのは難しく、日中の眠気を感じやすくなるのです。

ちなみに妊娠初期、中期では、黄体ホルモン「プロゲステロン」の増加により、眠気が強くなります。

ですが、妊娠6ヶ月目にはピークを迎え、9ヶ月目を迎える頃にはプロゲステロンは減少していくのです。

ただし、妊娠後期になると「プロゲステロン」の代わりに「エストロゲン」が増加するという大きな変化が訪れます。

エストロゲンは眠気を感じさせる性質はないのですが、睡眠時の深い眠りを妨げるというデメリット的性質を併せ持っています。

そのため、結果的にその反動として日中に眠気を感じることもしばしばあるのです。

 

妊娠後期における眠気3つの対策

出産まであと少し!妊娠後期の辛い眠気を改善する3つの方法

1.しっかり寝る

妊娠による眠気を感じたら、寝られる場合は寝てしまいましょう。

妊娠後期は赤ちゃんの成長が活発になるため、きちんと休む必要があります。

人によっては妊娠時の睡眠時間に個人差がありますが、多い方では一日中、20時間以上眠ってしまうケースもあるとか。

赤ちゃんの健全な成長のためにも必要ですので、無理をせずにしっかり眠ってエネルギーを充電しましょう。

 

2.カフェインを取る

また、妊娠時以外でも眠気覚ましとして幅広く活躍するカフェインを摂取して頭をリフレッシュすると良いでしょう。

この方法は男女関係なく試す事が出来るので、多くの方におすすめ出来ます。

ただ、過剰摂取は赤ちゃんへの影響も考えられるため、カップ1杯分でとどめておくようにしてください。

 

3.運動する

さすがにお腹も大きくなっている妊娠後期では激しい運動は出来ませんが、軽くストレッチを行うことで血行改善により、眠気の緩和が期待できます。

 

妊娠後期に眠気がくる人の特徴

出産まであと少し!妊娠後期の辛い眠気を改善する3つの方法

  • 妊娠後期は赤ちゃんの成長ペースが今までよりも活発になる
  • 妊娠後期に入るとお腹のサイズが大きくなり、圧迫することで安眠しづらい
  • 妊娠後期はホルモン「エストロゲン」が増えるため、眠りが安定しない

こういった点を踏まえ、無理をしないようになるべく安静にし、無理のない形で出産を迎えられるようにがんばっていきましょう。

そして、大切なのは周囲の妊婦さんへのサポートです。

妊娠中の女性を理解してあげる努力を忘れずに、温かいサポートを心がけていただきたいと思います。

他にこんな記事も読まれています

-眠気の症状と原因

Copyright© 眠気や睡眠不足の解消法30選まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.