頭痛・風邪・肌荒れなど… 睡眠不足がもたらす7つの症状とは?

投稿日:

頭痛・風邪・肌荒れなど… 睡眠不足がもたらす7つの症状とは?

まいにちの睡眠は費やす時間に個人差があり、3時間ほど眠るだけで何不自由なく元気に活動できる人もいますが、平均すると睡眠時間に人生の3分の1を充てています。

しかし、何かしらの事情によって健康的な睡眠を得られていない人が多く、あなたも睡眠不足でつらい思いをしている一人かもしれませんね。

もしも睡眠時間が充分でない生活を送っている場合、身体にどのような症状が現れるのでしょう?

ここでは、睡眠不足がもたらす7つの症状についてご紹介していきます。

 

症状① 頭痛を感じやすくなる

頭痛・風邪・肌荒れなど… 睡眠不足がもたらす7つの症状とは?

日中の活動によって身体は疲労を蓄積しています。その過程で疲労物質が血液内に増加しています。

睡眠は、この疲労物質の解消のために必要不可欠で、眠りにより休まる間に身体の修復がはじまり、健康が状態を保たれています。

しかし、充分な睡眠時間が確保できないと、この疲労物質は増大することに。その結果として「頭痛」が発生するのです。

睡眠不足がキッカケとなる頭痛は、男性よりも女性のほうが自覚しやすい傾向にあります。

睡眠不足は頭部への影響が顕著で、状況がひどくなれば、むくみ、耳鳴り、めまい、貧血、吐き気、などを同時に感じやすくなります。

 

症状② インフルエンザ(風邪)にかかりやすい

頭痛・風邪・肌荒れなど… 睡眠不足がもたらす7つの症状とは?

睡眠は「免疫力の維持」を兼ねているため、睡眠時間が不足すると、身体の免疫機能はみるみる低下してしまいます。

乾燥する冬はインフルエンザウイルスが活性化するシーズンですが、この時期に睡眠不足によって免疫が衰えてしまうと、ウイルス感染に至るリスクが高まるのです…。

冬は受験シーズンに重なるため、特に学生さんは睡眠不足をキッカケとした風邪には注意をしておくことをオススメします。

 

症状③ 肥満になりやすい

頭痛・風邪・肌荒れなど… 睡眠不足がもたらす7つの症状とは?

意外と知られていませんが、睡眠不足は体型悪化に至るリスクが高まりやすく、慢性化するほど「肥満」に悩まされるリスクが高まります。

その理由は2タイプのホルモンが体内で変化を起こすため。

睡眠不足が慢性化すると、食欲を促す「グレリン」が強まるだけでなく、満腹感を脳に知らせる「レプチン」の働きが鈍くなるのです。

ダイエットを成功させる際は「食生活の健全化」ばかり注目されがちですが、思ったような効果が得られない場合は睡眠時間が少ないことが影響しているのかもしれません。

 

症状④ 肌トラブルを招きやすい

頭痛・風邪・肌荒れなど… 睡眠不足がもたらす7つの症状とは?

美肌に関心がある女性であれば、肌細胞の入れ替わる「ターンオーバー」の健全化が重要であることはご存知だと思います。

睡眠が不十分な状態が続くと、ターンオーバーは乱れ、肌の細胞の働きがグチャグチャに乱れやすくなります。

結果として、大人ニキビ、シミ、シワ、ほうれい線などの肌トラブルに悩まされることに…。

いくら良質なコスメを使っていても、高額なエステを利用していたとしても、土台が無い状態では美肌の実現はかなり難しくなるでしょう。

透明感ある美しい肌を目指したいのなら、しっかり睡眠時間を確保しておくのが大切です。

 

症状⑤ 脳の働きに支障がでる

頭痛・風邪・肌荒れなど… 睡眠不足がもたらす7つの症状とは?

睡眠不足は脳への働きを鈍らせる影響があり、「集中力」「記憶力」「思考力」を求められる場所でミスを起こしやすくなります。

運転中であれば、交通事故に至るリスクが高まりますし、重要な相手とのコミュニケーションを取る際に取り返しの付かない粗相をしてしまうおそれも考えられます。

仕事・勉強に取り組もうと思っている人にとってはかなり厄介な症状です。

 

症状⑥ とにかく眠くなる

頭痛・風邪・肌荒れなど… 睡眠不足がもたらす7つの症状とは?

睡眠が充分でない身体は体内に疲労物質が蓄積された状態。そんな状況がつづくと体内では「身体のクールダウン」を図ろうとし強烈な眠気のシグナルを発します。

就寝時でもないタイミングで感じる眠気は、仕事の効率を大きくダウンさせるだけでなく、その後の生活リズムの乱れにもつながるでしょう。

 

症状⑦ ネガティブな性格になりやすい

頭痛・風邪・肌荒れなど… 睡眠不足がもたらす7つの症状とは?

睡眠時には、起きている間に得た情報の整理を行っています。

健康的な睡眠を続けている人の場合、このタイミングで健全な形でストレスが処理されています。

しかし、睡眠時間が不足するとストレスは蓄積していき、感情がネガティブに偏る症状が現れやすくなります。

結果、些細な変化に対し順応できずイライラしたり、他者とのコミュニケーションに支障をきたしやすくなるのです。

自信を失い、自己嫌悪に陥ったのち、「うつ病」「パニック障害」などの深刻な精神疾患に至るケースも決して珍しくありません。

時間に追われながら生活している働き盛りの世代の人は、他人事として捉えず、自身にも起こり得る問題として警戒しておいたほうが良いでしょう。

 

睡眠不足による症状の予防法は?

頭痛・風邪・肌荒れなど… 睡眠不足がもたらす7つの症状とは?

睡眠時間が足りない問題は、頭痛や風邪など健康面、肥満や肌荒れなどの美容面と悪影響が広範囲に及ぶことが理解いただけたと思います。

自律神経に支障をきたすことによる精神疾患、ストレス増大による生活習慣病リスク増、などの厄介な健康トラブルにも関連性が認められているため、可能な限り注意を払っておきましょう。

睡眠不足で苦しい思いをしないためにも

  • 規則正しいスケジュール管理 & 良質な睡眠時間を確保
  • 日中は日光を浴び、体内時計を調整する
  • 定期的な運動・入浴で発汗を行なって自律神経を正す
  • 乳酸菌をはじめ、安眠を促す栄養素をしっかり摂取する
  • 枕、毛布など、快適に過ごせる寝具か再チェック
  • カフェイン摂取の量・タイミングに注意する
  • 副作用を考え、睡眠薬の服用はできるだけ自重する
  • 睡眠前はスマホ、携帯、PCなどのバックライトの凝視をしない

と、いった生活改善を心がけておきましょう。

ただし、それらの解決策を実践したからといって全ての人もがトラブル解消を実感できるとは限りません。

上記に挙げた方法をいくら試してみても成果が得られずガッカリしてしまう場合も少なからずあるはずです。

そのような場合、呼吸が正常に行われない「睡眠時無呼吸症候群」や、日中に意識を失うレベルの激しい眠気に襲われる「ナルコレプシー」など、生命に直結する深刻な病気を疑っておいた方が良いでしょう。

強烈な眠気が症状に現れる病は、周囲の人たちからの理解を得られにくいばかりでなく、自身でも自覚しづらいため、長いあいだ解決しないまま悩まされるケースが少なくありません。

加えて、睡眠不足は進行するほど生活習慣病をはじめとした、寿命を縮める深刻な病気リスクも高まります。一向に改善しない身体の違和感は、大事に至る前に、医師による診断を受けるように心がけましょう。

大切なご自身の健康のためにも、できることを考えてみてください。

他にこんな記事も読まれています

-眠気の症状と原因

Copyright© 眠気や睡眠不足の解消法30選まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.