排卵日の眠気はキツイ…眠気解消が出来る5つの改善ポイント

投稿日:

排卵日の眠気はキツイ…眠気解消が出来る5つの改善ポイント

排卵日の眠気はキツイ…眠気解消が出来る5つの改善ポイント

女性にとって生理は体調維持を困難に感じさせる要因のひとつ。

排卵日には頭痛や眠気などの体調不良を強く感じる場合も珍しくありません。

基礎体温を計測していると、排卵日が来るのが訪れるのがイヤになってしまうもの。

今回は、眠気解消が出来る5つの改善ポイントについてご紹介していきます。

 

排卵日に眠気を感じるのはなぜ?

排卵日の眠気はキツイ…眠気解消が出来る5つの改善ポイント

女性は排卵日が迫るにつれ、特に疲労していない身体であっても眠気を強く感じる場合があります。

排卵が行われてからの生理期間中は女性ホルモンのひとつ「プロゲステロン」の分泌量が増加するのが大きな原因として考えられます。

ちなみに「プロゲステロン」とは、受精卵が子宮膜へうまく着床するのを促すためのもの。

つまり、妊娠をするために必要なホルモンです。

また、身体内の水分維持機能、食欲を感じる機能、など多岐に渡る働きが「プロゲステロン」にはあります。

ホルモンバランスが崩れることにより、女性の体内では様々な影響が考えられ、頭痛や吐き気、そして出血や集中力欠如といった健康トラブルを感じやすくなります。

さらに、「プロゲステロン」の増加は、基礎体温が上昇させるため、その結果として起きている間ずっと眠気を感じるようになります。

就寝時も普段の眠りに違和感が生じ、昼間に眠気を感じやすくなります。

排卵日の眠気は女性ホルモン「プロゲステロン」(黄体ホルモン)が大きな影響を与えている、ということですね。

 

排卵日による眠気解消効果が見込める5つの改善ポイント

排卵日の眠気はキツイ…眠気解消が出来る5つの改善ポイント

排卵日により、ホルモンバランスが崩れ、それが眠気を感じる原因になるのはご理解いただけたと思います。

眠気対策として、生活リズムを規則正しいものに変えていくことを意識してみてください。

というのも、生活リズムが不規則であるほど、ホルモンバランスの悪影響が強まるためです。

改善を行うべき箇所は以下のような部分です。

  1. 就寝・起床時間を一定にする
  2. 血液循環、老廃物除去を促すための運動を取り入れる
  3. 日光を浴びる
  4. アルコール・カフェインなど刺激物を控える
  5. 就寝時はPC、スマホの使用を避ける(安眠を阻害するため)

また、生理期間中は精神的に不安定になったり、イライラしたりしやすい傾向にあります。

几帳面な人、責任感が人一倍強い性格な人は、生理による健康トラブルや精神的負担が強くなりやすい傾向があります。

そのため、特にリラックスできる時間の確保を心がけておくことを考えてみてください。

 

それでも眠気がまったく解消されない場合は?

排卵日の眠気はキツイ…眠気解消が出来る5つの改善ポイント

排卵日に感じる眠気は個人差があるため、誰しもが同じレベル眠気を感じる訳ではありません。

しかし、昼間の生活に支障をきたすほどの強い眠気が解消されない場合は生活改善ではカバーするのが難しいでしょう。

問題を感じるようでしたら、速やかな医療機関での受診を検討しておきましょう。

排卵日による眠気以外にも、血糖値の異常でも眠気を感じるケースがあり、放置していると糖尿病の悪化も考えられます。

その後の合併症のリスクといった生命に直結した問題になる恐れも場合によってはあるのです。

体調の違和感ある眠気が継続するのなら、排卵日ではない別の病気について疑ってみていただきたいと思います。

他にこんな記事も読まれています

-眠気の症状と原因

Copyright© 眠気や睡眠不足の解消法30選まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.