これで睡眠不足が解消できる!睡眠不足に効果的な4つの改善方法

投稿日:

これで睡眠不足が解消できる!睡眠不足に効果的な4つの改善方法

まいにち、誰もが当たり前のように睡眠を行っていますが、とある調査によると相当数な割合で現代人は満足な睡眠が得られていないといいます。

しっかり眠っていたつもりでも、浅い眠りが当たり前になっている場合は日中にボーッとしてしまう経験は誰しもあるでしょう。

日常生活を送る上で睡眠不足に陥ることは、仕事・学業に大きな支障となるだけでなく、生活習慣病、認知症など深刻な健康トラブルに陥る危険性も…。

そんな睡眠に関する悩みは、多くの人にとって決して他人事ではないはずです。しかし、解消するための方法は存在します。

ここでは、睡眠不足に効果的な4つの改善方法についてご紹介していきます。

 

(1)生活リズムを整えて睡眠不足を解消させよう

これで睡眠不足が解消できる!睡眠不足に効果的な4つの改善方法

睡眠不足に陥る原因で多くを占めるのが「生活リズム」の不安定化。

逆にいえば、規則正しい生活リズムを習慣化している人ほど、睡眠不足に至るリスクは避けられます。

理想は、朝に日光を浴び、夜はしっかり眠る生活です。

身体は日光を浴びると、「セロトニン」を生成します。この成分が夜間に睡眠を促すホルモンに変質するため、規則正しい生活リズムを習慣化したい人は日光浴を積極的に行いましょう。

また、体内時計を調節するために、なるべく間食を避けて、しっかり食べる時間が一定となるように意識しておくと良いと思います。

就寝前は、脳の興奮状態を促す、携帯電話・スマホ・ゲーム・PCなどの使用は控えて熟睡する準備を心がけてください。

「カフェイン」摂取についても同様に、就寝前の摂取は生活リズムを大きく狂わせる原因となり得るため要注意。コーヒー、紅茶、緑茶は眠る前には控えましょう。

喉の渇きは、カフェインを含まないドリンクをいくつか用意しておくことをオススメします。

 

(2)快眠グッズ活用で睡眠不足を解消しよう

これで睡眠不足が解消できる!睡眠不足に効果的な4つの改善方法

睡眠不足は、文字のとおりで睡眠が不足していることが原因となります。

不足した睡眠を効率的にカバーしたいのなら、質の良い眠りを得やすくする「快眠グッズ」がオススメ。活用することで睡眠不足に対し、大きな改善が期待できます。

不快なほど暑くなる真夏にはヒンヤリと心地よい「冷却ジェルマット」、寒くてうまく眠れない場合はホカホカ暖かい「湯たんぽ」、そのほか1年を通して安心して眠れる枕・シーツ・布団・毛布など、見直しておくべきポイントはいくつもあるはずです。

快適な眠りを得るために室内に心地よい「アロマオイル」も良いと思います。

快眠グッズは、安価なものなら数百円程度、そこそこのものでも数千円くらいから入手ができます。

通販サイトをはじめ、最寄りのホームセンター、ドラッグストアでチェックしてみましょう。

 

(3)快眠機能をもつ栄養素(サプリメント)で睡眠不足の解消をする

これで睡眠不足が解消できる!睡眠不足に効果的な4つの改善方法

睡眠不足の解消は、快眠を促す栄養素の摂取が好ましいです。

上記(2)の快眠グッズと似ていますが、環境そのものを改めていく方法ではなく、体内から身体を健全化していく形になるので、睡眠効果とともに、健康面、美容面に大きなメリットが得られます。

シンプルに言うと、偏食をしないでバランス良い食生活、そして効率的な栄養素の摂取を心がけておくだけで睡眠不足からの改善が期待できるはずです。

睡眠を促す働きを持つ栄養素について、例を挙げると・・

乳酸菌

ストレス緩和を促す機能をもち、不眠の解消に適した成分です。
(チーズ、ヨーグルト、カルピス、ヤクルト、バター、アイスクリーム、キムチ、納豆、塩辛、ぬか漬け、漬物、ピクルス、日本酒、焼酎…など)

カルシウム

2016年3月、東京大学大学院医学系研究科の最新の論文では、カルシウムイオンが眠り・覚醒両面に大きな役割を担っている、と記載されています。
(牛乳、チーズ、ヨーグルト、高野豆腐、煮干し、桜えび、ひじき、いわし、わかさぎ、ししゃも、小松菜、チンゲン菜、モロヘイヤ、ブロッコリー…など)

鉄分

体内で不足すると、鉄欠乏性貧血のリスクとなるだけでなく、きちんと睡眠をとっている人でも眠気を感じやすくなるため、快眠のためには欠かすことのできない成分です。
(卵、牛乳、赤身の肉、レバー、カツオ、牡蠣、赤貝、アサリ、しじみ、パセリ、モロヘイヤ、小松菜、納豆枝豆、そら豆、…など)

マグネシウム

体内に300種類以上ある酵素の働きに必要な上、心肺機能を安定させるために消費されます。不眠症、睡眠障害に罹る人の多くが欠乏している栄養素です。
(ごま、アーモンド、ひまわりの種、落花生、カシューナッツ、くるみ、ピスタチオ、昆布、のり、わかめ、ひじき、なまこ、油揚げ、マスタード、バイ貝…など)

ビタミンE(α-トコフェロール)

脳内に蓄積される老廃物を無害化させる機能をもつ抗酸化作用が特徴で、起床時の爽快感、記憶力アップ、といった効果を期待できます。
(キャビア、明太子、タラコ、うなぎ、イクラ、ナッツ類、ひまわり油、米ぬか油、マーガリン、大豆油、オリーブオイル…など)
上記に挙げた栄養素以外でも、快眠を促す効果を期待できる成分は複数存在します。

葉酸(ビタミンB)、チアミン(ビタミンB1)、ビタミンB12、トリプトファン(アミノ酸)、カリウムなども快眠には好ましい成分として注目されています。

日常の食事での吸収が難しい場合は「サプリメント」でカバーしていく方法でも良いかもしれません。

ただし、安価なものには粗悪な原料が使用されていることが多いですし、過剰に摂取してしまったり、自身の身体との相性が悪いと別の健康トラブルを招くおそれもあるため、良質な素材・製法であるかを確かめた上で使用するように心がけてみてください。

 

(4)深刻な睡眠不足は病院で解消を図ろう

これで睡眠不足が解消できる!睡眠不足に効果的な4つの改善方法

睡眠不足の多くは、生活習慣が原因となっているため、生活の見直しを行なうことである程度は解消できると思います。

しかし、「睡眠時無呼吸症候群」「ナルコレプシー」など、本人の努力だけでは改善が見込めないトラブルがあることも理解しておく必要があります。

睡眠不足は、仕事・学業での取り返しのつかない失態、さらには生活習慣病をはじめとした生命に直結した健康問題、最悪なケースでは他人を巻き込む運転死亡事故…などに発展することもあるため、長期間の放置は絶対にオススメできません。

睡眠に関しての悩みがいつまでも解消されなかったり、身体の違和感が長いあいだ継続するようであれば、一人で解決を図るよりも病院での健康診断を受けてるようにしましょう。

 

睡眠不足の解消について さいごに…

これで睡眠不足が解消できる!睡眠不足に効果的な4つの改善方法

上記で説明したように、睡眠不足を解消していくためには多少の知識が必要となります。場合によっては解消のためのコストがある程度は必要になってくるかもしれません。

ただし、睡眠不足から解放されると、仕事面・勉強面で本来のあなたの能力を充分に発揮しやすくなるはず。試してみる価値は充分にあるといえます。

睡眠不足は、健康面への悪影響が大きく、身体の広範囲に不調をきたすおそれがあります。

深刻なレベルに達した場合、特に脳や精神面へのしわ寄せとなるおそれが大きく、痴呆症、統合失調症、うつ病、アルツハイマー病、パーキンソン病に直結することも充分有り得るのです。

そういったリスクを踏まえた上で、睡眠時間がきちんと確保できるような現実的な改善を考えてみてください。

無理のない範囲内で、自身でできるケアをしっかり実践していきましょう。

他にこんな記事も読まれています

-眠気の症状と原因

Copyright© 眠気や睡眠不足の解消法30選まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.