睡眠不足で起こる嘔吐感には要注意!眠気不足で吐き気を感じる症状

投稿日:

睡眠不足で起こる嘔吐感には要注意!眠気不足で吐き気を感じる症状

いざ活動しようと思って起き上がったあと、あるいは日中の仕事をしている最中、急な「吐き気」に悩まされた…あなたはこのような経験はありませんか?

実は睡眠不足がキッカケとなる吐き気は、キケンなサインが含まれている可能性があります。

もしも、あなたが睡眠不足を含む不摂生な生活を続けているのなら、そのデメリットをきちんと理解しておくことをオススメします。

ということで、今回は眠気不足で吐き気を感じる症状についてご紹介していきます。

 

「睡眠不足」で「吐き気」を感じる原因はなに?

睡眠不足で起こる嘔吐感には要注意!眠気不足で吐き気を感じる症状

ヒトは睡眠を行っているあいだ、表面的な活動は休止しているものの、体内ではさまざまな働きがはじまります。

「体内に生成された疲労物質・老廃物の処理」

「日中経験したこと、受け取った情報の整理」

睡眠時には上記のような「修復」が行われているのです。

しかし、充分な睡眠が得られていない身体の場合、疲労が蓄積されつづけることに…。

身体がこのままではマズいと判断し、強制的に「休め」のサインを発するようになります。

そして「吐き気」となってあなたの身体に反映される、というワケです。

パソコンでいうところの「熱落ち」や「再起動」の状態をイメージしておくと分かりやすいかもしれませんね。

ちなみに、睡眠不足による嘔吐感は、睡眠時間が多少足りない程度であれば、さほど感じることはありません。

つまり、吐き気を頻繁に感じる人は、極端に睡眠時間を削りながら無理をつづけている「過労」状態であり、とてもキケンなレベルといえます。

睡眠不足かつ嘔吐感を頻繁に感じる、、、この部分に思い当たる人は何かしらの改善策を考えておいた方が賢明です。

 

「睡眠不足」による「吐き気」を感じやすい人の特徴

睡眠不足で起こる嘔吐感には要注意!眠気不足で吐き気を感じる症状

(A)多忙なビジネスパーソン

睡眠時間を思うように取れない多忙を極める人ほど吐き気を感じるリスクは高くなる傾向にあります。責任ある役職を任されている人や、人手が足りない職場にいる人は吐き気を感じる機会が増えるかもしれません。このまま睡眠不足が続くと、仕事に支障をきたす事態となるでしょう。

(B)睡眠より優先したい趣味がある人

スマホゲーム、テレビ視聴、映画鑑賞など「睡眠時間を削ってでも〇〇したい」と思える生活はある意味では幸せなのかもしれません。しかし、このような人は脳がうまく休まりにくいため、睡眠不足を招きやすく、結果的に日中の吐き気を感じる頻度が多くなってしまいます。

(C)安眠できない環境で生活する人

騒音、病気など、睡眠が健全な形で取れない人は吐き気のリスクが高まります。同居人や近所のノイズによって頻繁に目が覚めたり、虫歯のような健康トラブルによって著しく安眠を妨げられている人は要注意です。

(D)深刻なストレス・悩みを持っている人

過剰なストレスは睡眠をコントロールするための自律神経を衰弱させてしまいます。安心して眠れないレベルの深刻なストレスや人間関係による悩みを持っている人は、浅い睡眠になりやすいため、吐き気のリスクが高くなってしまうでしょう。

 

「睡眠不足」による「吐き気」 効率的な解消法は?

睡眠不足で起こる嘔吐感には要注意!眠気不足で吐き気を感じる症状

睡眠不足による吐き気の解消策は、「きちんと睡眠を取る」という1点に尽きます。

上記(A)多忙なビジネスパーソンの場合、少しでも睡眠に充てるためのスケジュール管理を行なう必要があります。最低限の休息も得られないような職場であれば、転職も視野に入れておいたほうが良いかもしれません。

(B)の趣味を優先してまで睡眠を削っているのなら、睡眠を優先させる生活に切り替えなくてはなりません。携帯電話の普及とともに「携帯電話依存症」が社会問題化しましたが、現在では「スマホ依存性」が急増しているといいます。スマホゲームで夢中になっている人で、生活改善が見込めない場合はこういった依存症の治療が必要となるかも。

(C)のような安眠できない状態の人は、それらを着実に解消していくことが求められます。騒音で眠れないなら環境の改善、虫歯などの健康トラブルは速やかな治療、(D)のような悩みを持っている場合は身近な人への相談といった形で現実的な解決を行っていきましょう。

 

それ以外のポイントとしては、快眠を促すための栄養素をしっかり摂取したり、リラックス効果が得られるアロマ、ハーブティなどの併用も良いでしょう。

また、入浴、スポーツでしっかり発汗する習慣を加えることで大きな改善が期待できます。そのほか、寝具を清潔な状態に保つ努力や、快眠グッズで質の良い睡眠を意識しておくことも睡眠不足による吐き気の頻度を抑える意味では大切です。

生活習慣による健康トラブル全般にいえることですが、時間の経過とともに症状の改善が期待できる問題ではないはずです。吐き気の頻度が日を追うごとに増えているのなら自発的な行動で問題を解消していくほかありません。

睡眠不足が慢性化すると嘔吐感だけにとどまらず、「偏頭痛」「生活習慣病」「痴呆症」をはじめとした深刻な病気に発展しかねないため、放置だけは絶対に避けておきましょう。

 

吐き気で済まない場合は「心因性嘔吐症」を疑っておこう

睡眠不足で起こる嘔吐感には要注意!眠気不足で吐き気を感じる症状

今回は、睡眠不足によって嘔吐感をおぼえる…という話について扱いました。意外と厄介な問題であると理解頂けたかと思います。

が、あなたが感じている吐き気がすべて上記の原因にあてはまるとは限りません。

別の病気である可能性を疑っておいた方が良い場合もあります。「心因性嘔吐症」もそのなかのひとつに挙げられます。

この病気は、あなたが感じている「ストレス」が許容範囲を超えた際に症状に現れる特徴があります。

上記の睡眠不足による吐き気との違いは、前者は「ストレス → 自律神経の乱れ → 睡眠不足 → 嘔吐感 」に対し、「心因性嘔吐症」ではストレスが直接的に作用し、吐き気だけで済まずに「嘔吐」に至る…という点です。

「心因性嘔吐症」は特に若い世代に多く、社会的な経験が浅いためにストレスにうまく対処できず症状が顕在化していくケースが多くを占めます。

身体の異常を特に感じはしないものの、ストレスが大きく掛かる生活を続けている人は「心因性嘔吐症」を疑っておくことをオススメします。

他にこんな記事も読まれています

-眠気の症状と原因

Copyright© 眠気や睡眠不足の解消法30選まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.